加古川タウンマップキラリかこがわ | フォトレポ

市民参加型地域ポータルサイト

市民参加型地域ポータルサイト | 加古川タウンマップキラリかこがわ

             
> フォトレポ > 映画制作密着レポート

加古川シティープロモーション映画制作現場を密着レポート


クランクアップ

 加古川市の魅力PR映画『36.8℃』がクランクアップを迎えた。撮影は「みとろ観光果樹園」「加古川市立漕艇センター」「加古川海洋文化センター」「兵庫県立農業高校」など、市民になじみの場所を使って8月16日~21日にかけて行われた。地元オーディションで選出された配役たちに加え、エキストラとして参加した市民は100人を超える。キャストの送迎や食事の手配、近隣住民に対する気配りなど、撮影がスムーズに進むよう陰ながら支えた、市民ボランティアたちのバックアップも忘れてはならない。まずは、映画撮影スタッフ、市民ボランティアの皆様お疲れ様でした。「地域」「食」「高校生」をキーワードに全国の自治体と取り組むオリジナル映画「ぼくらのレシピ図鑑シリーズ」第1弾ひょうご加古川編は、今秋イオンシネマ加古川(加古川市平岡町)で上映予定。


撮影5日目

セリフの間(ま)の感情を読む、演出と演技ココロのコンタクト

 この日の撮影は、加古川市立漕艇センターを使って若菜と透の二人が会話するシーンや、ボート部員たちの練習風景が撮られた。 日陰のない河川敷での撮影は、スタッフたちの体力を奪い水分補給も欠かせない。時折走る、加古川線の1両編成の車両が現場の空気を和ませてくれる。 主演の堀田真由さんと透役の安藤瑠一さん(若菜の彼氏)は、監督の指示に応え何度もシーンを再現しては、テスト撮影を繰り返していた。 安田監督は、「時間はタイトではあるが、大事なシーンなので大切に撮っていきたいですね」と、この日の抱負を語った。撮影も終盤を迎え、現場の疲労はさすがに隠せないが、地域PRプロジェクト初の試みで手探りの中、良い作品を作りたい想いは皆同じ。若いスタッフの大きな声やエネルギーに、希望と元気をもらう一日となった。 (2017.08.20) 

1.撮影の合間に水分補給。カメラマンやスタッフも思わず笑顔に。2.地元オーディションで選出されて若菜の弟役を好演したしゅんくん(中央)とその家族
ロケ地:加古川市立漕艇センター 市内民家 ほか 


撮影3日目

3人の女子高生の青春ストーリーを安田真奈監督が描いていく

 市内各地で撮影が進んでいる加古川市のPR映画『36.8℃』(サンジュウロクドハチブ)3日目は、県立農業高校(同市平岡町新在家)などでロケが行われた。若菜たちが高校を卒業後の進路について話し合うシーンなど各場面カットが撮影された。海辺のシーンでは、主人公役の堀田真由さん、友人役の岸本華和さん、西野凪沙さんの掛け合いも息の合ったところを見せていた。撮影は21日まで続く。(2017.08.18) 
ロケ地:県立農業高校 海洋文化センター付近 別府港付近 ほか 写真提供:市民スタッフ高浜さん

市内オールロケ

残暑もなんのその、今日も撮影は快調です

 映画『36.8℃』2日目ロケの場所は、みとろ観光果樹園を皮切りに、撮影クルーは市内を南下。30度を超える残暑の中、主軸3人のシーンカット。若菜、実果、歩結の笑顔が現場を和ませる。オーディションで選ばれた市民エキストラもこの日は多くの人が参加。夜の海辺のシーンでは、別府港の工場夜景が光の帯となって海に浮かぶ。撮影終了時、気づけば日を跨いでいた。(2017.08.17) 

1.みとろ果樹園撮影風景 2.夜景に浮かぶ夜の別府港
写真提供・取材協力:市民スタッフ高浜さん






クランクイン

加古川市PR映画『36.8℃』撮影スタート!

 加古川市の魅力PR映画『36.8℃』がいよいよクランクインを迎えた。早朝より総勢50人近くの撮影スタッフや関係者が集まりシーンの確認をした。ロケ初日は、市内の歴史的建造物でステンドグラス大アーチ窓が印象的な市立加古川図書館や飲食店を使って快調に撮影が進んだ。前日には、加古川岡田市長はじめ安田監督、キャスト、撮影関係者など30人以上が、期間中のけがや事故、映画成功・安全祈願に行っている。この夏、まちと市民がひとつになって”ぼくらのレシピ図鑑”加古川編は、34℃の炎天下の中テンションもマックスをむかえている。 (2017.08.16) 
1.加古川図書館撮影風景 2.かき庄さんの一室を使って 3.かき庄弁当  写真提供:市民スタッフ高浜さん

プレスリリース

映画タイトルは『36.8℃』(サンジュウロクドハチブ)

 加古川市の魅力PR映画『36.8℃』(サンジュウロクドハチブ)の制作発表が4日、加古川市役所で行われた。 岡田康裕市長がシティープロモーションに対する自身の考え方を述べた後、今回メガホンを取る安田真奈監督から主要キャストやオーディションで選出された主な配役が公表された。
 映画『36.8℃』は、高校生たちの青春映画として地元の食材や加古川を舞台に、進路や恋愛に悩む、女子高生若菜の青春ドラマ。 その揺れ動く青春模様を安田監督はタイトルに表した。 主人公若菜には、今秋始まるNHK連続テレビ小説「わろてんか」でヒロインの妹役を務める堀田真由さん(19)が決まり、 「関西出身の私がこの度、主演を務めさせて頂けることに幸せいっぱいです。」とコメントを寄せている。市内の高校生らの取材を基に撮影は今月中旬からクランクイン。加古川の街を舞台にみずみずしい女子高生たちの日常がどのように描かれるのか期待が高まる。まさに“まちがヒトがキラリ輝く“青春の体温を感じる映画となりそうだ。 (2017.08.04) 


 ■プロフィール
  堀田真由(ほりたまゆ) 1998年4月2日生 滋賀県出身 アミューズ所属
・連続ドラマW テミスの求刑(WOWOW)-平川穂乃果 役
・相棒 season14 第2話「或る相棒の死」(テレビ朝日)-千原麻衣 役
・家売るオンナ 第10話(日本テレビ)-望月カンナ役
・獄門島(NHK BSプレミアム)-鬼頭月代 役
・&美少女〜NEXT GIRL meets Tokyo〜 第2話(フジテレビ)-川端奈緒 役
・連続テレビ小説「わろてんか」(NHK)- 藤岡りん 役 2017年10月2日(月)より放送予定
(写真/映画24区提供)
堀田真由公式twitter
 
 

オーディション

映画の世界の扉をたたいて

 加古川市シティプロモーション映画製作プロジェクトの出演者を決めるオーディション(映画制作会社が実施)が、7月15日(土)、16日(日)の両日、JR加古川駅北側のウェルネージかこがわ(加古川市加古川町)で開催された。オーディション申込者252名の中から、主役級3名(予定)の高校生役及び、その他の出演者を選ぶキャスティング審査が行われた。演技経験の有無、年齢性別、一般学生、さまざまな理由でこの舞台に立ち、参加者らは自己アピールをした。撮影は8月中旬(予定)加古川市内がロケ地となる。 (2017.07.15)

ワークショップ

銀幕を夢見て

 加古川市シティプロモーション映画制作実行委員会が主催する、「演技ワークショップ」が6月17日(土)、18日(日)、 JR加古川駅北側のウェルネージかこがわ(加古川市加古川町)で行われた。市内在住・在学の小学生からシニア世代までが参加し、今回メガホンを取る安田真奈監督から指導を受けた。 映画は「市の魅力×高校生×食」をテーマに7月15日、16日のオーディションで出演者が決まる。 安田監督・脚本で8月下旬にクランク・イン。秋のイオンシネマ加古川(同市平岡町新在家)で劇場公開される。 (2017.06.17)


 ■プロフィール
  安田真奈(やすだまな) 映画監督・脚本家
1970年生まれ、奈良県出身、大阪在住。 大学時代から映画を撮り始める。卒業後、 メーカー販促部門に総合職として勤めながら年1~2本撮り続け、 「OL映画監督」として各メディアで取り上げられる。 2002年秋、退職して監督・脚本に専念する。
【主な監督作品】 2000年『オーライ』 2001年『ひとしずくの魔法』 2002年『リトルホスピタル』 2004年『喫茶 隠れ家』 2004年『Bella Grazie?ベッラ・グラツィエ?』 2006年『幸福(しあわせ)のスイッチ』ほか
  →安田真奈公式facebook

高校生応援隊説明会

住み慣れた日常の景色が、映画の一場面になる

 映画をとおして、加古川市の魅力を広めるシティプロモーション映画制作プロジェクトが動き出した。 キラカコ取材班は、6月14日、加古川まちづくりセンター(JR加古川駅前サンライズビル5階)で 行われた第2回目となる、映画製作応援隊会議から密着し、映画のクランクイン、クランクアップ、上映会までをフォトレポしていく。*写真は高校生応援隊説明会 (2017.06.14)


加古川市秘書広報課 〒675-8501 兵庫県加古川市加古川町北在家2000
連絡先:シティプロモーション係(本館4階) TEL:079-427-9222 FAX:079-422-9568
問合せメールはこちら











←ホームへ戻る


facebookアイコン