加古川タウンマップキラリかこがわ | フォトレポ

市民参加型地域ポータルサイト

市民参加型地域ポータルサイト | 加古川タウンマップキラリかこがわ

             
> フォトレポ

フォトレポ-播磨町新島に日本丸がやってきた!

 日本最大級の大型帆船「日本丸」が新島公共埠頭(東播磨港)に12日入港した。14日から16日の間、美しい船体が見られる。日本丸は、昭和5(1930)年に建造された練習帆船で、昭和59(1984)年まで約54年間活躍し、地球を45.4周する距離(延べ183万km)を航海し、11,500名もの実習生を育ててきた。訪れた14日は、実習生の操帆訓練(セイルドリル)が行われる予定であったが、午前中の雨で中止となった。自宅が新島の近くという同町民ご夫妻は、「めったにない機会なので、楽しみに来ましたけど残念ですね。でも、間近で日本丸が見れてよかったです。」寄港期間の記念イベントも天気が心配されるが、優美な姿を記憶にとどめてヨーソロー!と行こう。 (2017.10.14)

1.仕上がったばかりの播磨町PRポスターを前に清水町長とスタッフたち 2.4年前に引っ越してきたという町内在住者


フォトレポ - 大浦ミート 第7回 牛枝肉即売会

 県内有数の食肉処理場である加古川食肉センター(加古川市志方町)で、(株)大浦ミートさん主催による第7回 牛枝肉即売会が2日行われた。 全国から53社の畜産関係者を集め、まさに加古川志方の誇りと想いがギュー!っと詰まった同社企画の牛肉品評会となった。
 14:00の販売開始を合図に冷蔵庫が開かれ、販売会にあたって、出品牛には予め評価順位がつけられ、上位には各賞をもうけ、ご祝儀相場で買っていただくという趣向。主催者代表の大浦達也社長は、「今回で7回となるこの即売会。加古川市長(写真上左端)もご多忙の中、駆け付けてくださり、我々の想いが少しでも伝わればいいなと思ってます。」 今では、取引業者間で恒例行事となったこの即売会。今年は75頭が出品されすべて完売となった。 地域に触れ、人を知る、27万分の1それぞれの笑顔に拍手を! (2017.09.02)
1.出品牛の品定めをする参加者 2.受付風景:画面中央が大浦ミート代表者ご夫妻


フォトレポ - ニッケパークタウン『ミーツテラス』オープン!

 複合商業施設ニッケパークタウン(加古川市加古川町寺家町)の西エリア、旧リバーサイドが全面改装され、 20日にオープンした。県内初となる、ライフスタイル提案型大型書店「TSUTAYA BOOK STORE」は雑誌、書籍18万冊を取り揃え、広々とした店内は、本が自由に読めるようにと椅子も配置されている。幼児本コーナーを見ると柔らかな素材のベンチも用意され、ママも安心おこちゃまにもやさしいスペースとなっている。加古川市内初出店となる、コーヒーと輸入食品の「カルディコーヒーファーム」も長蛇の列ができていた。 会員制”大型室内公園”をコンセプトに「ピュアハートキッズランド」は、12万個のボールプールなど大型遊具が自由に楽しめる。 東加古川から来た30代のママさんにお話を伺うと、この日早速入会したと言っていた。2階「ニッケパークボウル」もリニューアルされ、運営するニッケグループは、改装前の1.5倍の入館を見込む。加古川の新しい風にキラカコも期待したい。 (2017.07.20)
TSUTAYA BOOKSTORE TEL.079-453-5200 営.10:00~21:00
カルディコーヒーファーム TEL.079-453-5270 営. 10:00~21:00
ピュアハートキッズランド TEL.079-420-8692 営.10:00~19:00 (最終入場受付18:30)
ニッケパークボウル TEL.079-427-8900 営.日~木・祝日/10:00~23:00、金・土・祝前日/10:00~25:00
ニッケパークタウン 〒675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町173-1 TEL:079-421-8018


にこいちバレンタインLive

1・2部 全12曲*アンコール含む
 『にこいちバレンタインLive』が“花の寺”として知られる円照寺(加古川市志方町広尾)で催された。「この時期は、丸みのある花弁が特徴の「ロウバイ」が見頃ですよ」と言ってくださったのは上月義宗住職(71)。旧境内に愛らしく咲いていた。駐車場には大阪、岡山、県外のナンバーも見え、遠方からも熱心なファンが来たようだ。
 会場となる本堂には、女性客の中に男性客もちらほら、神戸から来たという男性は「ネットでチェックして楽しみに来た。」ライブ終盤ではタオルを回して盛り上がっていた。にこいちの魅力は、何といっても井指と松田、ふたりのハーモニー。「3年前に路上で歌を聞いて、それからファンになった」と言う明石から来た女性もその一人だ。彼らの歌や詩に引き寄せられて集う“花の寺”。神戸の路上から生まれた名もなき、ふたつの種は、本堂に収まり切れない無限の“音楽の力”で、蕾から少しづつ花は開いていた。志方の郷の春はすぐそこまで来ているようだ。 (2018.02.11)
■プロフィール
  にこいち アコースティックデュオ
  井指冬輝(いさしふゆき)[Vo.]、松田央(まつだひろ)[Gt./Vo.]。 神戸市立須磨高校の野球部で知り合った二人が地元三宮で路上ライブを始める。 阪神間を中心にライブ活動をし、近年は活動エリアを兵庫全域に広げている。 2015年5月31日公開の映画「種まく旅人~くにうみの郷~」(監督:篠原哲雄/主演:栗山千明、桐谷健太、三浦貴大)の主題歌に、 『今日も風が吹く』が選ばれ、それに伴い1月21日にVAPからメジャーデビューを果たす。

■円照寺 〒675-0312 兵庫県加古川市志方町廣尾1029 電話: 079-452-2067

にこいち七夕ワンマンLive - in 円照寺

 兵庫を中心に活動を続ける「にこいち」が『にこいち七夕 ワンマンLive』を広尾の円照寺(加古川市志方町)で行った。 ご住職の奥様がにこいちの路上ライブを見たのがきっかけで始まった二人との交流も、今では季節ごとにライブを開く同寺と固い絆で繋がっている。
”花の寺”として知られる円照寺境内には、この時期、紫陽花やノウゼンカズラ、カサブランカにキキョウと色とりどりの花たちが文字通り、にこいちの演奏に花を添えている。丸刈りの野球少年だった二人が、プロを目指し、8年7ヵ月かかったメジャーデビュー。 この8月に、にこいちは結成10周年をむかえる。地域を愛し、地域に支えられたにこいちがこれからの10年どんな歌の花を咲かせるのかキラカコも楽しみにしている。 (2017.07.02)

Music Fes in Kakogawa おやじバンド祭

 ゴールデンウィーク最終日の7日(日)、日岡山公園(加古川町大野)にて、Music Fes in Kakogawa おやじバンド祭が催された。人生の折り返し地点を過ぎ、日々の仕事や暮らしに追われ奮闘の毎日のおやじたち。その責任世代の有志たちが年に一度青春時代の活力を取り戻そうと、おやじバンド活力注入委員会を立ち上げ、意見やアイデアを出しながら手作りで行っているイベントそれが”おやじバンド祭”で、今回が8回目となる。ジャンルを問わず、楽器を奏で音を楽しむことが大好きなおやじたち!新緑の陽だまりの中、加古川の空におやじたちの熱いサウンドが鳴り響いた。 (左)バーベキューを楽しんだりピクニック気分で。(右)この日14バンドが参加した。

かまくら&なまはげ祭り

日時:1月27・28日 11:00~19:00(28日は午前10時から)
場所:ニッケパークタウン(加古川町寺家町)

 ニッケパークタウン(加古川町寺家町)で27・28日、秋田県の伝統行事を体験できる 「かまくら&なまはげ祭り」が始まった。同県横手市と男鹿市の協力で13回を数える。 今年は初めて雪15トンを満載したトラック2台の量で「雪のふれあい広場」を設け、 そり滑り、ミニかまくら作り(先着40人)と体験コーナーも増えた。なまはげの練り歩き、和太鼓披露、 特産品やきりたんぽ、地酒など。大勢の家族連れが凛とした冬の冷気の中、しばし秋田の風情を楽しんだ。 (2018年1月27・28日)


ニッケパークタウン 〒675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町173-1 TEL:079-421-8018


フォトレポ - [加古川市成人式]

 「成人の日」の9日、加古川市民会館(加古川市加古川町北在家)で成人式が開かれ、2,951人の新成人が大人への新たな一歩を踏み出した。


フォトレポ - [宇宙はどんなところ?]

 加古川総合文化センター(加古川市平岡町新在家)で行われた、冬休みサイエンスひろば「宇宙はどんなところ?」へ行ってみた。2階宇宙科学館で開くこの催しは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙教育センターで宇宙教育リーダーに登録されている船田智史さんが講師を務め、宇宙の真空状態の中で日常、私たちが使っているものがどのように変化するのか、クイズ形式でわかりやすく解説するもの。親子で埋め尽くされた館内では、正解者には素敵なご褒美もあって、子供も大人も楽しめるイベントとなった。同館スタッフの伊藤氏よると、「冬は一年中でもっとも星空がきれいな季節です。無限の宇宙に思いをはせて、身近な素材で宇宙に触れてみるのもこの講座の楽しいところですね。」同センターでは、季節ごとに楽しい企画が目白押し。お近くの方は、ぜひ一度足を延ばしてみるのもいいものですよ。(2017年1月7日)

(左)マシュマロが真空状態の宇宙にあるとさて、どうなるだろう?ガラスの中が真空状態を再現した宇宙空間。(中)参加した子どもたち全員に、JAXAから素敵なプレゼントが同館より手渡された。(右)説明をする宇宙科学館の伊藤氏

加古川総合文化センター 〒675-0101 兵庫県加古川市平岡町新在家1224−7  TEL:079-425-5300



←フォトレポへ戻る


facebookアイコン